新着情報

朝晩だいぶ寒くなりました。(2018/11/01)


体調にはくれぐれもお気を付けください!

 


11月のお休み(2018/11/10)


11月のお休みです。

 

研修により以下の日程で時間変更いたします。

 

11/21(水)午後は5時半で終了いたします。

 

その他、未定です。

 


 

急なお休みの場合もありますから、必ずお電話で予約してから御来院下さい。


なお日曜日の午後及び祝日の午後は定休日です。いずれも午前は診察いたします。

また、平日、月曜日~金曜日の夜10時~12時の夜間急患診療ですが、必ずお電話で状況をお話いただいた上で御来院下さい。


秋のおとずれ(2017/09/25)


暑かった夏が去りそろそろ季節は秋です。

スポーツの秋、屋外で運動するのに良い季節です。日頃運動不足で肥満ぎみのワンちゃんは、飼い主さんとお散歩をがんばりましょう!

食欲の秋、美味しいものが出回ってきますが、これは要注意です!余計なものを与えない様に、また食べ過ぎに気をつけましょう!

芸術の秋、たまにはクラシックなど聞かせてリラックスするのは動物たちにも良いようです!

勉強の秋、成長期のワンちゃんはしつけ教室でお勉強はいかがでしょうか?獣医師会主催のしつけ教室が11月6日(日)にありますよ!!詳しくはおたずね下さい。

 

朝晩の寒暖差により、心臓病が悪化しせきが多く見られる場合もありますので、異常があれば早めに来院して下さい。

ワンちゃんのフィラリアの予防は少し涼しくなったからと油断しないで、11月後半から12月までは続けましょう。

ノミ、ダニは秋でもまだ生息していますので、予防はしましょう。


トピックス1(2016/09/21)


心臓病の咳に注意!!!

 

心臓病の持病があるワンちゃんは、そろそろ秋のおとずれを感じる、季節の変わり目のこの時期は、日中と夜間の温度差により咳が悪化する傾向にあります。特に夜から明け方に多い様です。

なるべく夜は適度に暖かくして、お過ごし下さい。ただし温め過ぎは良くないです。

あとは水分、塩分の取り過ぎと興奮させない事、疲れさせない事が大切です。

薬を飲んでるワンちゃんは欠かさずに、まだ飲んでないワンちゃんは早い段階から始める事をお勧めします。

何となく最近散歩が短くなった、ゆっくり歩く、すぐ息が上がってしまうなどのワンちゃんはいませんか?

心臓は命に係わる最重要な場所ですし、寿命にも影響します。また初期~中期ぐらいまでは症状に表れない場合が多いいですので、早期発見が大切です。

5歳になったら年1回の定期検査をお勧めします。


室内は危険がいっぱい!!!(2015/01/22)


室内で飼う犬や猫が多くなった最近の事情を反映しているのか、異物の誤食、誤飲がよく見られます。

 チョコレートやネギ類は中毒をお こし、最悪死に至る事をご存じの方は多いと思います。チョコレートのはいったお菓子、パンなど、またタマネギなどは人の食材に多く使われていますので、そ れらの味がしみ込んだものでも同じです。食べた事が明らかであれば、早急な対応が必要です。

 お子さんがいる家庭では、小さなおもちゃ、においが良い消しゴムなど多いですね。

 またたこ糸のようなヒモ類は、腸にからまり、腸閉そくをおこします。縫い針も胃腸に刺さってあぶないです。

 さらに人のために処方された薬は、小さな犬・猫では毒物になる事も多々あります。

 また見方を変えると、飼い主さんにとって非常に大事なものをかじられたら、怒り爆発ですよね。

この様に、危険なもの、大事なものはきっちり管理し、常に注意をはらう事が、お互いの幸せのために大切です。特に何でも食べちゃうくせがある犬・猫は要注意です。


Copyright © OKどうぶつ病院. All Rights Reserved.